おでこのシワ①


おでこのシワは、印象を老けさせてしまいます(涙)

なぜ、おでこにシワができるの?

1.表情筋の使い方

私も、そうなのですが、目を見開いたり、上方を見ようするときに、おでこに力が入り、シワができてしまいます。
表情筋の使い方が悪く、シワを寄せることがクセになって、深いシワとなってしまいます。

2.頭皮が硬い

頭皮とお顔はつながっています。
頭皮が硬くなると、シワができやすくなり、お顔のたるみにもつながります。

3.乾燥や肌荒れ

お肌が乾燥したり、弾力がなくなれば、シワができやすくなります。
おでこは髪の毛の刺激を受けやすい場所。髪の毛につけているトリートメント剤やスプレーなどが刺激になって肌が痛み、くすんだり、赤みをおびてきたり、吹き出物ができやすくなったり・・・。
そういったリスクの積み重ねは、シワにつながります。

おでこのシワの改善方法。

表情を気をつけよう。

まずは、普段、おでこのシワを寄せないようないにクセをつけていくこと。
たとえば、上を見るときに、顔を上げずに目だけを動かして、見ようとしていませんか?
顔を上げれば、上目遣いにならず、シワが寄らずにすみます。
日ごろのクセを見直してみましょう。

また、先日、テレビで目力を強くする方法として、
「おでこの筋肉が動かないように、手でおでこを押さえて、目を見開く。」
という方法が紹介されていました。
これ、おでこに力が入らないようになるので、おでこのシワ予防にもいいですね。

次回は、頭皮対策と肌対策について書いていきます。

関連記事

  1. 乾燥肌|ただ保湿すればいいわけじゃない!?

  2. 洗顔

    お肌が潤う洗顔★SKクレンジング

  3. 汗をかく

    汗対策で肌荒れ予防&疲労回復

  4. お肌を鏡で見る

    「痩せる」「美肌」の第一歩は鏡。

  5. お雑煮

    目の下のクマ・くすみ対策(代謝不良)

  6. 秋

    秋は「ほうれい線」が深くなる!?