食べすぎていないのに痩せない(代謝編)

食事

脂肪燃焼はミトコンドリア

脂肪はどこで燃やされているかご存知ですか?
脂肪を燃やせる唯一の器官が「ミトコンドリア」

ミトコンドリアは、1つの細胞の中に数百から数千も存在します。

そして、3大栄養素を代謝して、生きていくために必要なエネルギーをつくり出してくれています。

脂質はミトコンドリアでしかエネルギーになりません。

ミトコンドリアが元気に働いて、たくさんエネルギーを作ってくれないと、痩せにくくなるのです。

代謝力の低下はミトコンドリア?

ミトコンドリアを活性化し、エネルギーを作りやすくすれば、肥満解消への近道!

活性化するには?

1.ビタミンB群の摂取。

ビタミンB群は、作られたエネルギーが働きやすくなる潤滑油です。

ビタミンB群の食材はこちらご参考に。

ネスレ-Good Food, Good life。https://nestle.jp/wellness/kids/mama/vitamin-b.html

2.良質な油の摂取。

細胞は細胞膜でおおわれています。細胞膜は70%が脂でできています。

細胞膜は、硬くなっていたり、逆にやわらかすぎてもろくなっていたりすると、細胞への酸素や栄養素の取り込み、細胞内の老廃物の排泄ができず、細胞内が汚れて、ミトコンドリアがうまく働けなくなります。

細胞膜をやわらかくしてくれる油が、「オメガ3」。

細胞膜を硬くする油が「オメガ6」。

オメガ3とオメガ6は、1:1~1:4で摂れるのが理想。

オメガ6は、サラダ油、マヨネーズ、ドレッシングなどに含まれ、さほど気にしなくても、普段の食事から摂取できます。

しかし、オメガ3は、生の青魚となり大量に摂取するのが難しいのです。

最近は、「亜麻仁油」も有名になっていますね。

意識して、オメガ3を摂取してみてください。

ちなみに、ダイエット中、油物を控える方がいらっしゃいますが、便秘になりやすくなります。

ダイエット中も、オメガ3は摂ってあげてくださいね。

3.ファスティング。

さらに、キレイな細胞にして代謝を上げる効果が高いのが「ファスティング」。

ファスティングとは、いわゆる「断食」。

一定期間、固形物を食べないことで、疲れた消化器官を休ませ、腸内をキレイにし、酵素を活性化します。そして、汚れた細胞を良い状態に戻していきます。

ファスティングは、ただ、食べなければいいわけではありませんのでご注意を。

正しいファスティングについては、サロンまでお問合せください。

 

まずは、ビタミンB群とオメガ3を摂取して、痩せ体質へ!

関連記事

  1. 日焼け

    暑くなりました。汗による肌トラブル。

  2. キレイな二の腕

    二の腕痩せしたい!(腕のねじれ編)

  3. 背中のニキビ

    背中のニキビ・吹き出物 ~環境編~

  4. 毛穴の開き

    毛穴の開きが気になる!

  5. おでこのシワ③

  6. ニキビが気になる

    ニキビをなくしたい!~食事編~