はじめに

衝撃の「瞬間痩せ」

かつて経験したことがないほどスゴイ「痩せワザ」
ただ触れるだけ。
魔法のジェル「SDMJ」を使用して、優しくシュルシュル触っているだけ。
なのに、みるみる体型変化していく。

ゼクシィブライダルフェスタ「57秒のスリム体験」

ゼクシィブライダルフェスタ

「ウエストくびれ体験」
鏡の前にたったまま、ウエストをしゅるしゅると触る。
57秒後・・・。

スピードダイエット 体験

「うわ!なにこれ、スゴすぎ!!」
「え~、こんなの初めて!
「私より、彼の方が喜んでました。
こんな短時間でくびれができて、ビックリした!
とにかく、驚きでした。
ここまで、即効性があるものが存在するとは思わなくて、びっくりしました。
スカートの位置が変わりました!

98%の方が
『その場で痩せた!』を実感!

57秒のスリム体験  ブライダルフェスタアンケート

結婚情報誌ゼクシィより取材を受けました。

ゼクシィハッピーチェック

リクルート結婚情報誌「ゼクシィ」の取材を受けた。
取材時に、担当者の方にどのようなエステなのか、見ていただくため「57秒のスリム体験」を実施。
「何ですか、これ!?」
その後、担当者の方をはじめ、多くの同僚の方がきている。

「男勝り」から、「美の追求」へ。

猿渡

1971年8月、岐阜県岐阜市に生まれる。
男兄弟に挟まれたサッカー少女。「努力は嘘をつかない。」そういって、スポーツを勧める父の影響で、様々な競技にすすむ。
短大卒業後、大手不動産会社に入社。
営業事務として勤務し、3年がたったとき、上司から「営業をやってみないか?」と話しを持ちかけられた。
その会社では初の女性営業マンである。
不安を抱きながらも、信頼できる上司のもと、男勝りな性格が意欲をかきたてた。
最初は、女性営業だからと相手にされないこともあった。
だが、「女だからといって甘えたくない」「女性ならではの良さがあるはず!」と勝気な性分がそれを乗り越えさせた。
そして、営業として実績も残せるようになった4年目のころ、
「もっと、お客様と直に向き合いたい。」

30歳を目前に退職しエステの道に進むことを決心。
普段、口数の少ない厳格な父に話しをした。
何ていわれるのか不安にかられながらも、
「世の中、そんなにあまくない。エステは世間的に認められた仕事ではない。厳しいぞ。」
「でも、やりたいのならやってみろ。」
話はたった5分。
でも、十分な言葉だった。

2002年、知人がオープンするエステサロンの責任者を任される。
技術習得、お客様へのサービス、スタッフの育成、新商品の開拓、経営など学んでいった。
その3年後、自分で脱毛サロンをオープンした。

困惑の日々。

猿渡がこの業界に踏み入れてからのこと。
知識や技術をいろいろ学んだが・・・、

■フェイシャルエステ
機器を使用した施術は、メーカーから「毎日の施術は行わないでください。
キレイになるための施術なのに、なぜ、毎日できないのだろう。
フェイシャルパックは「目の周りは危険なので、つけないでください。
目の周りって気になる部分なのに・・・。

■脱毛エステ


お客様から、たくさんの喜びの声をいただき、嬉しかった。
しかし、猿渡の気持ちの中には満足いかないモヤモヤが残る。
自分の手で、本物のキレイを広めたい。「美」への追求である。

出会ってしまった「瞬間痩せワザ」


信じがたいものを目にした。
「背骨を見ててくださいね。ここのお肉を取ります。」
1分もしないうちに、背骨部分がべコリとへこんでいる!
SKR2エステティックとの出会いである。

修行スタート!

設計製作者:小泉悟司先生は言う。
「結果が出なければゴミ!」

触れるだけで痩せるワザ。


素手で、触れるだけで痩せさせる。
想いがあれば、想いが伝われば、変えられる。
その結果に、「今までのエステはなんだったの。」と驚愕する。

さらなる衝撃、SKフェイシャルエステ。

猿渡が初めてフェイシャルエステ体験を受けたとき。
小泉悟司先生に言われたひとこと。
「エステティシャンの肌じゃない。」

SK独自のまるで占いのような肌診断。
血流、内機能、代謝、性格、ストレス・・・。
悩みやトラブルの原因を見極めていく。

フェイシャルマッサージは、今まで受けたことのないタッチ。
肌の中がポカポカしたり、プチプチしたり、細胞が動いている。
今までにない感覚。

驚くほどのやわらかさと透明感。
さらに、ケア後もどんどんキレイが増していく。
不思議すぎて混乱しながら、嬉しかった。
本物に出会えた!!

果てしなく続く修行。


100人いれば、100通りの肌がある。
もっと、嬉しい結果にたどりつきたい。
同じ方でも、その日によって状態は変わる。
最大限のキレイを引き出すために、技術、知識、カウンセリング力を磨き続ける。
2012年1月、日本に数人しかいない「総合部門師範」の認定をいただいた今、なお、学びは続く。

コラボ

esthe-nijikai-kun
ゼクシィブライダルフェスタの反響は続いた。CMでおなじみの「2次会くん」の営業WKさんが来店された。
「当社は2次会をプロデュースしている会社ですが、お客様から、良いエステサロンはないかと聞かれることが多いのです。そんな方々に、こちらのエステサロンを紹介させていただけませんか?」
「実は私も、他の社員も興味を持っていて・・・。」WKさんをはじめ、他の社員の方々も来店された。

本物の美へ。

人体を知り尽くした小泉先生からの学びは「目からうろこ」なものばかりだ。
良かれと思ってやっていることが、実は・・・ということが、意外と多い。
今の世の中、様々な情報があふれている。
「○○は痩せるよ。」
はたして本当に痩せるのか?
そこにリスクはないのか
一部分だけを見て、「これは美容にいい」と言われているものが多いのが現実。

今だけでなく、未来につながるキレイをご提供する。
これが猿渡のモットーである。
日々、進化する「美の職人」が、あなたの理想を形にしていきます。
エステティシャン

コンセプト

 

esthe-skr2rogoSK-R2エステティック