秋は「ほうれい線」が深くなる!?

ほうれい線

秋

お顔の悩みでも上位の「ほうれい線」。
ほうれい線が深くなると、老け込んで見えるから、気になりますよね。
その「ほうれい線」これからの時期は深くなるかも?
東洋医学をもとに考えてみます。

陰陽五行説

「陰陽五行説」って、ご存知でしょうか?
自然界のすべてのものを「陰」と「陽」の2つの側面から考え、お互いがバランスを取り合って成り立っていると考えるのが「陰陽説」。さらに、自然界のすべてを「木」「火」「土」「金」「水」の5つの要素に分類したものが「五行説」です。

季節でみると、木=春、火=夏、土=土用、金=秋、水=冬となります。
また、臓腑は、木=肝・胆、火=心・小腸、土=脾・胃、金=肺・大腸、水=腎・膀胱。

秋は、気温が下がり、空気も乾燥してくるので、「肺」「大腸」が影響を受けやすくなります。
そうすると、鼻水がでたり、風邪をひきやすくなったりします。

お顔への影響は?

肺・大腸系の経絡が滞ってくると、
・肌荒れ
・ニキビ、吹き出物ができやすくなる。
・ほうれい線が深くなる。
のです。

滞りをスムーズにするには?

食事を気をつけましょう。
見た目が白い食べ物。秋が旬の食べ物。辛いものがオススメ。
お米、豆腐、桃、もやし、ねぎ、にんにく、ぎんなん、サワラ、イカ、ホタテ貝など。

姿勢の悪さも滞りをつくります。
たとえば、前肩の方。特に手の親指が内に入っていると、肺大腸系の経絡が滞り、ほうれい線が深くなります。

経絡の滞りは、ゆがみだけでなく、心にも影響してきます。
正しい姿勢で、お顔も体も心も整えていきましょう。

関連記事

  1. チューリップ

    予防美容:肌荒れ、肌トラブルを起こさない対策(春)

  2. おでこのシワ③

  3. みかん

    今が食べ時!みかんで健康&美肌♪

  4. 赤ワイン

    ワインとダイエット&美肌の関係

  5. 美肌

    あなた本来の美肌はコレ。

  6. 日焼け

    暑くなりました。汗による肌トラブル。